新入社員研修や販売員研修でビジネススキルUPを目指そう

セミナー

人材を育てる

今後の動向についての予測

セミナー

内定者フォローのセミナーの歴史は比較的新しいです。従来までは新卒で採用しておきその企業で人材を育てていくことが主流に行われていました。しかしながらリーマンショックで厳選採用をせざるを得ないという事情もあり、さらに入社してすぐに即戦力として会社の業務を行う必要がありました。ですから、入社前に学生を集めて研修を行うということが行われてきました。現在では、アベノミクスによる好景気など新卒採用の観光はよくなりつつあります。そのような中で内定者フォローの研修を行うことは、増え続ける内定辞退を少なくするという役割を果たし、内定者フォローをすることで入社後学生を職場に溶け込みやすくなるという意味合いもあります。

企業のよい学生を採用したいという思いはますます強まることや、入社3年以内の早期離職が問題となる中で内定者フォロー研修は重要な役割を果たすと考えられます。さらに、好景気からの売り手市場となることで、内定辞退はますます増えるためその事態を食い止めるためにも内定者フォロー研修の果たす役割は重要です。 しかし、今年から経団連に加盟している会社で就職活動が遅くなったという影響から内定者フォロー研修の機関や時期は限定されると考えます。内容も、実務経験を覚えるのではなく会社への理解を深めるものになると考えます。就職活動の時期が後ずれする中で、インターンシップなど内定者フォロー以外の研修で学生とのつながりを強めようとする企業の動きが、ますます強くなると考えられます。